今レンタルが熱い!購入でもリースでもない新しいPC所有法

>

作業効率もアップする!

機器管理が楽に!

事業所内で使用されているPCの管理は大変なものです。
大きな企業であればあるほど、全国に支社などもあり、各事業所の状況を把握するには労力を要しますね。
各事業所、各部門に調査を依頼しても、なかなか思うように回答がそろわないことも多く、管理担当者の負担は大変です。
時間も人件費もかかるのです。

レンタルならば、管理ツールも用意されていることがあります。
レンタル会社で自社製のソフトウェアやお勧めのツールが用意されていることもあるので、併せて検討してみると良いでしょう。
PCの構成情報の収集や、資産管理、必要なソフトウェアの配布など、管理ツールでできることは様々あります。
これらの管理ツールにより、管理者の生産性が向上します。

いざという時も安心!保守サービスも

様々な機器を使用していると、必ず直面するのが故障、修理といった状況です。
購入やリースの場合、保守や修理費用はユーザの自己負担となります。
修理に出している間はその機器が使えなくなり、業務に支障をきたすことにもなりかねません。

しかし、レンタルの場合、これらの保守サービスもレンタル内容の中に含まれています。
万が一の故障時には、代替機の手配なども迅速に対応してもらえます。
故障以外の各種メンテナンスもレンタル会社が対応するので、社内ではPCの管理を気にすることなく、本来に業務を進めることができます。

保守サービスの具体的な内容については、レンタル会社によって異なるので、各社のサービス内容を比較検討しておきましょう。


Share