通信機器レンタルではどんなサービスが受けられるの?

今レンタルが熱い!購入でもリースでもない新しいPC所有法

購入?リース?レンタル?選択肢はさまざま

PCを購入しないという選択は、以前から行われていました。 いわゆるリースというサービスを利用していた企業も多いと思います。 レンタルは、同じく「購入しない」という方法ですが、リースとも異なります。 レンタルとリースはどのように違うのか? その違いを確認してみましょう。

レンタルで業務改善が叶う?

期間も自由に設定でき、手軽に気軽に利用できるPCレンタル。 その他のサービスもフレキシブルに対応ができるのがレンタルの良いところ。 契約内容を検討することで、業務改善にもつながります。 より快適な環境を整えることで、社員の士気もアップすることでしょう。

作業効率もアップする!

オフィスや事業所内でのPCの管理は手間のかかるものでした。 けっきょくそこに人件費や時間がかかり、効率という面では課題の残る部分。 レンタルなら、そういった煩わしい状況も打破することができます。 結果的に作業効率のアップにもつながる。 これが、レンタルのもう一つの魅力です。

レンタルとリース、どう違うの?

企業内でPCなどの通信機器やIT機器を導入する場合、その方法について悩むことも多いと思います。
機器の導入方法には、購入、リース、レンタルという方法があります。
それぞれの方法には特徴があり、コストや使用環境にも違いが表れます。
様々な要望や条件によって、企業ごとにメリットやデメリットも異なるため、各方法の特徴を比較して検討してみましょう。

まず、購入する場合には、購入時に必要な資金が全額必要となります。
台数にもよりますが、これにはかなりのまとまった金額になるので、予算を組むのも大仕事です。
また、このために借り入れをするというのもリスクが高いですね。
購入した機器は企業のものとなるため、その後どのように扱うかは自由です。
しかし、固定資産となるため、当然のように固定資産税を支払う義務が生じます。
動産保険も同様です。
機器そのものの管理やメンテナンスも自己で行う必要があり、様々な業務に追われている事業所内ではかなりの負担となる場合があります。

そこで、購入ではなく「借りる」という方法を選ぶ企業も増えています。
借りる方法としては、リースとレンタルという2種類があります。
リースは長期賃貸契約なので、固定資産となります。
その反面、レンタルは会社の資産とはなりません。
このような基本的な背景から、借りる期間や経理処理などに大きな違いが出てきます。

それ以外にも、レンタルには、業務の改善や作業効率のアップにつながるといったメリットも挙げられます。
オフィスでの新たな選択として、レンタルの可能性をぜひ検討してみましょう。